2011年12月19日

全国エコファーマーネットワーク研究会in福井

DCF00078.jpgDCF00079.jpg12月13日に福井市で開催。北は秋田、岩手から南は愛知まで生産者、関係機関約160名が集まった。

以前は総合的な研修の場だったが、最近は品目ごとに変えてきており、今回の北陸は環境にやさしい売れる米づくりがテーマだった。

米の品質や食味と栽培技術に関する最近の知見をお聞きしたあと、新潟、石川、福井から事例報告が行われた。

新潟は、魚沼の環境保全型農業と雪室貯蔵の取組、石川はJA小松の蛍米の取組、福井はJA越前たけふのインセンティブ買入制度の紹介で、いずれも消費者の信頼を得るためにしっかり統制され、それが販売単価に反映された素晴らしい取組と思われた。

佐渡もうかうかしていられない。
posted by ひつじ at 09:09| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

奨学米

DCF00040.jpgDCF00042.jpgDCF00044.jpg面白いことを考える人がいるものだ。奨学米は奨学金を農業にもじった新しい試み。

学生たちが年3回農村に働きに行き、その対価としてお米1年分=30sを受け取れるシステムだ。これをビジネスとしてやろうとしている。昨年に他県で試してみて、今回の新潟もまだ実験段階というところか。

今回は新潟市がかなり協力しており、受け入れ農家=コメオヤの紹介や東京〜新潟の交通手段も提供したようだ。

この日は、1年間の活動の集大成として、相互の感想発表、お米の授与、奨学米に対するパネルディスカッションが行われ、夜は交流会も開催された。

参加された学生さんは15人くらい。僕が話を聞いた学生は農業のマーケティングを研究中だそうで、ほかに環境に興味のある学生さんもいた。みんな、人前での話が上手くて、僕の学生の頃より随分大人びて見えた。

来年も引き続き新潟で実施されるそうで、学生だけでなく、社会人向けや新たな展開も模索されており、農村と都市を結び付ける新たな手法として興味深い。
posted by ひつじ at 06:25| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

農家のこせがれネットワーク地域交流会つづき

DCF00034.jpgDCF00035.jpgこちらの写真がこせがれネットワーク代表の宮治さんです。前の写真は脇坂さんでした。
posted by ひつじ at 18:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農家のこせがれネットワーク地域交流会

DCF00031.jpg12月10日新潟市食育・花育センターで開催。告知が1週間前だったせいか、参加者は僅か6人。でも代表の宮治さんや脇坂さんの話に加え、参加者との意見交換ができて面白かった。

そもそも農家のこせがれネットワークとは、後継者不足に悩む農業に最も手っ取り早く就農できるのは農家の子だということから、農家のこせがれをだまくらかして就農させようという組織なのだ。

六本木農園といった農家と直結するレストラン(農家ライブというものがある)やマイファーマーといった消費者(こせがれネットワークでは生活者という)と直に結ぶ直売システムなど既に様々な活動が展開されており、地域に支部的な活動や交流による新たな商品の開発、販売も始まっている。

代表の宮治さんは初めての新潟訪問ということだったが、新潟での新しい結び付き、新しい展開を期待したい。
posted by ひつじ at 07:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

朱鷺と暮らす郷づくり認証制度

DCF00014.jpg佐渡市では、朱鷺の野生放鳥を契機に市の単独事業で平成20年産米から標記制度をスタートした。

制度の主軸は生きものを育む農法に取り組むこと。5割以上の減農薬減化学肥料栽培とエコファーマーであることをベースに、冬期湛水、江または魚道の設置、ビオトープの設置いずれか若しくは組み合わせて実施することで事業の対象となり、幾らかの助成金が農家に支払われる。ほかに、年2回の田んぼの生きもの調査が義務づけられている。

こうして作られたお米のうち、さらにたんぱく質含有量6.0%以下のものを写真の「朱鷺と暮らす郷」認証米として販売されている。このお米は販売額のうち1s当たり1円を朱鷺の保護募金に寄付している。

このように全島をあげて生きものを育む農法に取り組んでいる佐渡が、今年6月に世界農業遺産として認定された。今後益々の展開が期待される。

まずは消費者の皆さんの応援が大事。もっと知ってもらうことが必要ですね。
posted by ひつじ at 09:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

ヨーグルトと日本酒がコラボ

DCF00966.jpgスーパーのビールやチューハイが並んでいる棚にちょっと変わったお酒が。

見たらヤスダヨーグルトと白龍酒造のコラボでできたお酒でした。どちらも阿賀野市にある会社ですね。お味はちょっとピリッとするヨーグルトという感じでしょうか。

最近、日本酒メーカーが色々な種類のリキュールを作っていますが、同じ地域内の産物同士の結び付きというのに好感が持てます。

白龍といえば、結婚のときの引き出物でお世話になったのを思い出しました。
posted by ひつじ at 10:53| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ビオトープ管理士会忘年会

僕はビオトープ管理士ではありませんが、誰でも会員になれますというのと、前段の研修会でちょっと聞いておきたい課題があったので参加しました。

研修の課題は、
1 東日本大震災現地調査報告
2 越後平野の農業用水路網における植物の出現状況
3 カワウによる内水面漁業被害の軽減に向けた取組
4 プロジェクト・ワイルドを使ってみよう!
5 上越市に生息する希少タナゴ類の生息状況とその保全策を考える
以上5課題でした。

この中で聞きたかったのは2番。今各地で田んぼの生き物調査が盛んに行われていますが、ほとんどが動物の調査で植物についてはまず調査対象になっていません。蒲原の平野部の調査でも、結構絶滅危惧種が見つかること。それも3面コンクリートのU字溝であっても条件が整えば貴重な植物が生き残ることができるそうで、今後の佐渡の生き物を育む農法にも参考になりそうなお話でした。

また、5番は高校の生物の先生が2009年から生徒と一緒にやっているもので、毎月2回池のタナゴ調査をやって、さらに産卵母貝や外来魚の調査、人工繁殖の研究など、家庭環境を危うくしながらも取り組まれている様子、データもきっちり出されていて素晴らしかった。

なお、1は震災2か月後の状況、3は担当教官の指導を受けながらの発表、4は実地体験に基づくプログラムの有効性について説明があり、それぞれ面白く、参考になりました。準備に当たったみなさん、たいへん御苦労様でした。因みにこの後の第3部も楽しかったです。
posted by ひつじ at 22:43| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるごとふれあい市

DCF00970.jpgDCF00971.jpg11月26日に旧真野町で開催。島内の女性グループが主体となった物産展で、つきたての餅の振る舞いや一杯百円のまるごと鍋、赤泊の打ち立てのそばなど食べ物が豊富な上、天候にも恵まれて大勢の人たちで賑わいました。

メインは農産物や加工品の販売で、島内の野菜や果実、漬物、スイーツなどがズラッと並びました。僕もついつい、自然薯や大根の酢漬け、椎茸クッキー、アップルパイなどとお昼のお弁当にカレーを買い込んでしまいました。どれもおいしかったです。
posted by ひつじ at 12:46| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。