2012年03月30日

活性にごり生酒2種

DCF00264.jpgDCF00273.jpg冬期限定で販売される活性にごり生酒。佐渡でも各酒蔵で作られている。無ろ過、滅菌していないので口当たりがピリピリする。最近種類が増えているようだ。昔、学生時代は朝日酒造のつぶ生が好きだったが今は作っていない。

真野鶴の活性にごりはカミサンが好きなのだが、あまり多く作っていないようで、1月の半ば頃に蔵元に行ったらまだできてないと言われ、2月の半ば頃に行ったらもう売り切れたと言われた。

今回紹介するのは、佐渡食の陣で売っていた民宿「植えた」のどぶろく活性にごりとにいがた酒の陣で売っていた「想天坊」の活性にごり酒。前者は瓶の6分目くらいまでしか入ってなくて栓もしっかり閉まっていない。破裂防止らしい。すごく濃厚でねっとりしたお酒だ。

一方の「想天坊」は長岡のお酒。プロ仕様と書いてある。何がプロかというと栓の開け方。わざと空気抜きの付いてない栓を使っており、少しずつエアを抜きながら開けるので、飲めるようになるまで10分はかかる。これはうまいやり方だ。活性にごり酒の吹きやすいという性質を逆手に取っている。プロと書いてうまく開けようという酒飲みのハートをくすぐり、焦らすことで飲んだときの感激が増す。あっという間に空いちゃったけど、また飲みたいぞ。
posted by ひつじ at 23:03| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡食の陣

DCF00261.jpgDCF00259.jpgDCF00260.jpg3月17〜20日にかけて真野のいぶき21で開催。最終日に行ってみた。佐渡島内の加工食品業者やお菓子屋、女性起業者、漁業者などがブースを出していた。

ただ時期的にも場所も中途半端。農産物はほとんどなにもない時期で、観光客を狙うには港から遠いし、ちょうど新潟で酒の陣を開催中なのに関連性も薄い。午前中にお邪魔したが、人の入り込みは今ひとつだった。

今回、地鶏ひげの薫製を販売するというので期待していたが、最初の2日間で売り切れになったそうだ。

それでも、知ってる人もおられてブース回りをしているうちに両手はいっぱいになった。島内で売ってるところを見つけられないsado kitchenのブイヤベースとフィッシュバーガーがあったのは良かった。民宿「植えた」のどぶろく活性生酒を入手できたのも良かった。いずれも美味しくいただきました。
posted by ひつじ at 22:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

北雪酒造羽豆社長のお話をお聞きしました!

DCF00243.jpg農業者と職場の有志で、佐渡の酒蔵「北雪酒造」の羽豆社長のお話をお聞きする機会がありました。

北雪酒造といえば、地元では辛口のお酒で有名。酵母の名を冠した「YK-35」や世界的に有名な日本食レストラン「Nobu」と提携し、そう名付けたお酒もあります。


レストラン「Nobu」で北雪が使われるようになったのは、元々はロック歌手の矢沢永吉がNobuの社長と北雪を酌み交わしたのが始まりとか。すっかり北雪を気に入ったNobuの社長が連絡してきたのだそうです。

Nobu自身はその後、ロバート・デニーロに気に入られて各国に店舗展開し、現在、世界に29店舗あるそうです。それとともに北雪も世界に拡大してきたとか。新店舗の開店には、必ず羽豆社長も出向いて樽酒の鏡割をやるのが恒例だそうです(世界の各地で随分危ない目にもあったそうです)。

Nobuとの契約に当たっては、他のお店には出さない約束でスタートしましたが、最近は「Nobu」と銘打った酒だけは海外展開することができるようになったそうです。

社長さんは、お話の後、懇親会にも参加していただきましたが、風貌からして大変印象的な方で、お酒の良さはもちろんですが、この方自身が北雪をより魅力的にした原動力になっているのだろうと思いました。

では、今宵も一献、ご馳走さまです。
posted by ひつじ at 19:48| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

生物多様性農業戦略講習会

DCF00241.jpg3月10日にトキ交流会館で開催。農業者や関係機関60人くらいが参加。

基調講演は生物多様性農業支援センターの原耕造理事長。また、生き物調査を農業に如何に活かすかといった話かと思ったら、ガットウルグアイラウンドからTPPに至る一連の農政の流れと、今、農業者が何をすべきかという深い話でした。個々の事象は知ってましたが、全体を通して聞くのは初めてだったので大変勉強になりました。だから生き物調査が大事なんですね。

この後のパネルディスカッションは山形と秋田の生産者、秋田、地元佐渡のJAからの発表があり、生き物調査をうまく経営に活かしている事例をお聞きすることができました。
posted by ひつじ at 08:50| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

卵の黄身

DCF00213.jpg二つ並んだ卵。割って器に入れられています。この二つ、よく見ると全く黄身の色が異なります。どちらが美味しく見えますか? やっぱり赤い方?

二つの黄身の色の違いは、食べさせた飼料の違いだそうです。色の赤みが強い方は、トウモロコシなどを主体としたもの、黄色い方はお米を食べさせているんだそうです(飼料米と言います)。トウモロコシは海外からの輸入、お米は国内で作られていますので、黄色い卵を食べることは、自給率が高まるということ。

この黄身の黄色い卵、豊栄で1個50円の売値で売っているそうです。色についてのクレームは一度も来たことがないとか。やっぱり味なんですね。

因みに生産されている方によれば、白身も弾力があって違うそうですよ。
posted by ひつじ at 11:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。