2012年05月21日

銀光(ぎんひかり)御膳

DCF00451.jpg群馬県川場村の道の駅「田園プラザ かわば」のレストランでいただいた地元産ニジマスの定食です。

銀光とは、川場村内にある群馬県水産試験場が開発した、3年間卵を持たない特別なニジマスだそうで、3倍体というものとは異なるそうです。

川魚でありますが、サーモンに似たお刺身(サーモンより淡白でした)にサクサクのカツ。お値段が1600円でちょっと張りましたが、地元の朧っぽい豆腐も付いてボリュームは満点でした。
posted by ひつじ at 14:22| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

荒川弘面白い

DCF00349.jpg一時期、農業漫画を集めていたことがあるが、実在の人物を紹介したり、技術的な課題や社会的な課題を取り上げたりと、割りと真面目なものが多い。
ドラマになった「農家の嫁になりたい」なんてのがストーリー漫画のジャンルだろうか。

ところで、「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘が最近、農業漫画を描いていて面白い。連載中の「銀の匙」は農業高校の畜産科を題材にしており、何とか賞を受賞して乗っている。元々北海道の酪農家出身で漫画家になる前7年間、実家の農業を手伝っていたそうだ。

その実体験を描いた「百姓貴族」が特に面白い。主に畜産関係ではあるが、面白い上、実態がわかって勉強になる。

それにしても、この人、女性だったんですね。また驚き。
posted by ひつじ at 08:35| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

自然再生農林業実習

DCF00231.jpgDCF00232.jpgDCF00251.jpgただ今、新潟大学の標記講座生になっています。先日は、本間航介先生による里山管理の実習を受けてきました。

最近は里山に十分な人手が入っておらず、間伐や枝打ちが行われないため、樹木が密生しています。広葉樹は本来、枝が広がって受光体制が向上し、光合成で同化した二酸化炭素を樹体内に溜め込むことができるのですが、密生したままだと枝が広がらないため、自分で稼いだ同化産物は自らが使うだけで終わってしまい、地球温暖化防止に寄与するような二酸化炭素吸収量の多い森林にはならないのだそうです。

樹齢40年くらいの樹木の切り株で年輪を見せていただきましたが、確かに若いうちは年輪の幅が広いのに近年はかなり詰まっているのが確認できました。

十分に管理された里山は、生物相が豊かになることが知られていますが、地球温暖化防止の観点からも人手が入る必要があるのですね。

また、今回は佐渡における里山の遷移の最近の変化や、チェーンソーの使い方も教えていただきました。
posted by ひつじ at 20:24| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。