2012年06月27日

佐渡の朱鷺認証米がイトーヨーカ堂に登場!

DCF00629.jpg佐渡市では、生き物を育む農法で環境にやさしく作られたお米を朱鷺と暮らす郷づくり認証米として売り出しています。

この6月からは、イトーヨーカ堂がこのお米をパック米飯に加工してヨーカ堂各店やセブンイレブンで販売しています。

残念ながら、佐渡にはセブンイレブンがないので、店頭での販売の状況はわかりませんが、もし見かけましたら、是非とも御賞味ください。

なお、朱鷺認証米の売上げの一部はトキ保護募金に募金されてます。今後の朱鷺の野生復帰の状況も御注視ください。
posted by ひつじ at 12:01| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

規則正しく穴がポコポコ

DCF00787.jpgこれなーんだ?

正解はマルチの植え穴。簡単すぎましたね。

ちなみに、植わっているのはリンドウの苗です。収穫するまで、まだ1年以上かかるそうです。
来年のお盆には売り出せる予定です。
posted by ひつじ at 21:28| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

オーストラリアで和牛ブーム

DCF00627.jpgDCF00626.jpg5月30日朝のNHKニュースで放映。

オーストラリアでは、以前は牛の赤肉が好まれていたが、今、急速に霜降で軟らかい和牛の消費が伸びており、ワギューという言葉も定着しているとのことだった。

恐ろしいのは、オーストラリア国内の販売だけでなく、輸出に力を入れていることだ。とくに肉だけでなく、凍結精子の輸出に力を入れていて、1本9万円で中国やロシアはじめ14か国に輸出しているそうだ。

オーストラリアに和牛の遺伝資源が流出した経緯は知らないが、原子力発電所の事故でイメージダウンしている本家日本は相当遅れをとっていると見て良いだろう。気づいたときには世界中で和牛が生産されてる、なんてことになるかもしれない。
posted by ひつじ at 17:15| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新津花ふるフェスタ

DCF00729.jpgDCF00730.jpg6月3日、5月中に実施してきた「新津食の陣」の当日座として県立植物園にて開催され、大勢の人で賑わった。

佐渡でも3月に新潟酒の陣に重ねる形で食の陣が開催されたが、集客数は新津の方が10倍くらい多いのではないだろうか。

「新津食の陣」は単発のイベントでないのが良い。ほぼ1か月に渡って、秋葉区内の飲食店や菓子店などの協力店が、a:地元で振興しているプチベールを使ったメニュー、若しくはb:花にちなんだメニューを提供するか、c:通常メニューの値引きを行うことで参加協力する。期間中あちこち食べ歩ける上、もう何年か続いているので毎年楽しみになっている。

残念ながら、当日座自体はあまり地産地消を意識しているとは言えないが、プチベール入り生地のパンにレタス、トマト、しゃぶしゃぶ肉を挟んだ「新津バーガー」はご当地バーガーとして人気だ。

佐渡でもこんな形でみんなで盛り上がれるイベントがあるといいのだが。
posted by ひつじ at 16:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。