2012年07月22日

アメリカで流行りの日本スタイル

DCF00096.jpgDCF00095.jpgアメリカで日本の弁当スタイルが流行りなんだとか。
まあ、流行りといっても、テレビのことだからどの程度かはさっぱりわからないけど、お米の文化を知ってもらうには良い機会かも。
posted by ひつじ at 21:07| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イカす、カエルちゃん

DCF00081.jpgDCF00092.jpgDCF00093.jpg前にも書いたかもしれないが、佐渡の生きものはトキだけではない。モリアオガエルでも十分島興しができる。

街中を歩いていれば、ちょこんと歩道の真ん中にいるカエルがモリアオガエルだし、ジュースの自販機や夜の電灯の回りに来ているカエルもアマガエルに混じってモリアオガエルが沢山いる。

写真は害虫の調査に使う誘蛾灯(ライトトラップ)だ。ちゃっかりモリアオガエルが来ていた。こいつら、害虫を食べちゃって、調査結果を撹乱しないだろうか? ちょっと心配。
posted by ひつじ at 21:07| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨の夢わらび

DCF00942.jpgDCF00941.jpgテレビ番組で。

山梨県で山菜を食べさせるお店だが、名物の「夢わらび定食」は、写真のように生けて出される。何でもあく抜きしなくても食べられるわらびで、採取場所は秘密だとか。そんなわらび、本当にあるのかなあ。

佐渡でもけっこうわらびが採れます。島民はあまり食べなくて、島外に出荷されています。
posted by ひつじ at 21:07| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉ねぎ収穫機デモンストレーション

DCF00936.jpg昨年は葉たばこの廃作が相次いだ。佐渡でも約13ヘクタールが廃作となった。理由は高齢化か、それともJTからの手切れ金か。

そのまま耕作放棄地にするわけにいかないので、何か作っていただこう、と関係者でいろいろ仕掛けている。

今回はその一つで、玉ねぎを作ってもらおうと、全農から収穫機械のデモンストレーションをやってもらった。玉ねぎは収穫後の貯蔵もきき、学校給食などでの需要もある。

機械は掘り取り機と収集機。一方の機械で掘り上げて、もう一方の機械でコンテナに集めていく。1日でどれくらいの面積がこなせるか、機械の価格はいくらか、などの質問が出ていた。

確かに便利だけど、雑草も一緒に集めちゃう点や、機械の価格がけっこう高い点など、導入に際してはしっかりした経営評価が必要と感じた。
posted by ひつじ at 20:11| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡牛ステーキ

DCF00924.jpg真野にあるレストラン&バーこさどにて。240グラムで7,600円也。ちょっと高い。120グラムから。

佐渡は畜産の盛んな島で放牧場も多くあります。しかし、放牧場で育てるのは、繁殖牛と呼ばれる子牛生産のための牛。肉を生産するための牛は肥育牛と呼ばれ、普通に牛舎で育てられます。

佐渡にはと畜場がないので、肉にするには、一旦本土に送って加工処理した後、また佐渡に戻さなければなりません。だから、佐渡牛は高価になり、島内で扱っているお店も少ないのです。

佐渡巡りをしていて、佐渡牛に会えたら超ラッキーです。是非、ご賞味を。最初からこれが目的の人は真野のレストラン&バー「こさど」まで。
posted by ひつじ at 19:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。