2012年03月30日

活性にごり生酒2種

DCF00264.jpgDCF00273.jpg冬期限定で販売される活性にごり生酒。佐渡でも各酒蔵で作られている。無ろ過、滅菌していないので口当たりがピリピリする。最近種類が増えているようだ。昔、学生時代は朝日酒造のつぶ生が好きだったが今は作っていない。

真野鶴の活性にごりはカミサンが好きなのだが、あまり多く作っていないようで、1月の半ば頃に蔵元に行ったらまだできてないと言われ、2月の半ば頃に行ったらもう売り切れたと言われた。

今回紹介するのは、佐渡食の陣で売っていた民宿「植えた」のどぶろく活性にごりとにいがた酒の陣で売っていた「想天坊」の活性にごり酒。前者は瓶の6分目くらいまでしか入ってなくて栓もしっかり閉まっていない。破裂防止らしい。すごく濃厚でねっとりしたお酒だ。

一方の「想天坊」は長岡のお酒。プロ仕様と書いてある。何がプロかというと栓の開け方。わざと空気抜きの付いてない栓を使っており、少しずつエアを抜きながら開けるので、飲めるようになるまで10分はかかる。これはうまいやり方だ。活性にごり酒の吹きやすいという性質を逆手に取っている。プロと書いてうまく開けようという酒飲みのハートをくすぐり、焦らすことで飲んだときの感激が増す。あっという間に空いちゃったけど、また飲みたいぞ。
posted by ひつじ at 23:03| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。