2012年07月01日

コミュニティ植物医師

DCF00785.jpgDCF00747.jpgちょっと前の朝のNHKニュースでの話題。

最近、家庭菜園や市民農園が増える中、これらで発生した植物の病気が近隣の農家にも広がっているらしい。病害の正しい知識を持たない家庭菜園や市民農園が発生源となり蔓延させているとのこと。

そこで、東京大学で専門の先生による講座を開き、講座の受講生が中心となって病害の防除に関する正しい知識を広める試みを行っている。この人たちをコミュニティ植物医師と呼ぶらしい。

呼び方はともかく、一般市民のみなさんにも病害防除の大変さや農家の苦労を知ってもらい、防除に協力してもらうのは良いことだと思った。
posted by ひつじ at 19:26| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。