2012年07月29日

第二回生物の多様性を育む農業国際会議

DCF00187.jpgDCF00197.jpgDCF00200.jpg7月16日から18日の3日間、両津やまきホテルと島内の田んぼなどで開催された。

参加者は約440人、韓国から約35人、中国から約15人の参加を含め、島外からは約250人が参加したそうだ。

現地調査及び分科会は、@生きもの調査、A生きものを育む技術、B生きものを活用した地域社会づくりの3つに分かれて、各有識者からの報告や検討が行われた。

17日夜の交流会は、地元の芸能が披露され、大いに盛り上がった。

ただ、地元参加者が限られたなかで、地元には何が残ったのか、今後、検証が必要であろう。
posted by ひつじ at 19:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。