2012年06月27日

佐渡の朱鷺認証米がイトーヨーカ堂に登場!

DCF00629.jpg佐渡市では、生き物を育む農法で環境にやさしく作られたお米を朱鷺と暮らす郷づくり認証米として売り出しています。

この6月からは、イトーヨーカ堂がこのお米をパック米飯に加工してヨーカ堂各店やセブンイレブンで販売しています。

残念ながら、佐渡にはセブンイレブンがないので、店頭での販売の状況はわかりませんが、もし見かけましたら、是非とも御賞味ください。

なお、朱鷺認証米の売上げの一部はトキ保護募金に募金されてます。今後の朱鷺の野生復帰の状況も御注視ください。
posted by ひつじ at 12:01| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

規則正しく穴がポコポコ

DCF00787.jpgこれなーんだ?

正解はマルチの植え穴。簡単すぎましたね。

ちなみに、植わっているのはリンドウの苗です。収穫するまで、まだ1年以上かかるそうです。
来年のお盆には売り出せる予定です。
posted by ひつじ at 21:28| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

オーストラリアで和牛ブーム

DCF00627.jpgDCF00626.jpg5月30日朝のNHKニュースで放映。

オーストラリアでは、以前は牛の赤肉が好まれていたが、今、急速に霜降で軟らかい和牛の消費が伸びており、ワギューという言葉も定着しているとのことだった。

恐ろしいのは、オーストラリア国内の販売だけでなく、輸出に力を入れていることだ。とくに肉だけでなく、凍結精子の輸出に力を入れていて、1本9万円で中国やロシアはじめ14か国に輸出しているそうだ。

オーストラリアに和牛の遺伝資源が流出した経緯は知らないが、原子力発電所の事故でイメージダウンしている本家日本は相当遅れをとっていると見て良いだろう。気づいたときには世界中で和牛が生産されてる、なんてことになるかもしれない。
posted by ひつじ at 17:15| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新津花ふるフェスタ

DCF00729.jpgDCF00730.jpg6月3日、5月中に実施してきた「新津食の陣」の当日座として県立植物園にて開催され、大勢の人で賑わった。

佐渡でも3月に新潟酒の陣に重ねる形で食の陣が開催されたが、集客数は新津の方が10倍くらい多いのではないだろうか。

「新津食の陣」は単発のイベントでないのが良い。ほぼ1か月に渡って、秋葉区内の飲食店や菓子店などの協力店が、a:地元で振興しているプチベールを使ったメニュー、若しくはb:花にちなんだメニューを提供するか、c:通常メニューの値引きを行うことで参加協力する。期間中あちこち食べ歩ける上、もう何年か続いているので毎年楽しみになっている。

残念ながら、当日座自体はあまり地産地消を意識しているとは言えないが、プチベール入り生地のパンにレタス、トマト、しゃぶしゃぶ肉を挟んだ「新津バーガー」はご当地バーガーとして人気だ。

佐渡でもこんな形でみんなで盛り上がれるイベントがあるといいのだが。
posted by ひつじ at 16:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

銀光(ぎんひかり)御膳

DCF00451.jpg群馬県川場村の道の駅「田園プラザ かわば」のレストランでいただいた地元産ニジマスの定食です。

銀光とは、川場村内にある群馬県水産試験場が開発した、3年間卵を持たない特別なニジマスだそうで、3倍体というものとは異なるそうです。

川魚でありますが、サーモンに似たお刺身(サーモンより淡白でした)にサクサクのカツ。お値段が1600円でちょっと張りましたが、地元の朧っぽい豆腐も付いてボリュームは満点でした。
posted by ひつじ at 14:22| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

荒川弘面白い

DCF00349.jpg一時期、農業漫画を集めていたことがあるが、実在の人物を紹介したり、技術的な課題や社会的な課題を取り上げたりと、割りと真面目なものが多い。
ドラマになった「農家の嫁になりたい」なんてのがストーリー漫画のジャンルだろうか。

ところで、「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘が最近、農業漫画を描いていて面白い。連載中の「銀の匙」は農業高校の畜産科を題材にしており、何とか賞を受賞して乗っている。元々北海道の酪農家出身で漫画家になる前7年間、実家の農業を手伝っていたそうだ。

その実体験を描いた「百姓貴族」が特に面白い。主に畜産関係ではあるが、面白い上、実態がわかって勉強になる。

それにしても、この人、女性だったんですね。また驚き。
posted by ひつじ at 08:35| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

自然再生農林業実習

DCF00231.jpgDCF00232.jpgDCF00251.jpgただ今、新潟大学の標記講座生になっています。先日は、本間航介先生による里山管理の実習を受けてきました。

最近は里山に十分な人手が入っておらず、間伐や枝打ちが行われないため、樹木が密生しています。広葉樹は本来、枝が広がって受光体制が向上し、光合成で同化した二酸化炭素を樹体内に溜め込むことができるのですが、密生したままだと枝が広がらないため、自分で稼いだ同化産物は自らが使うだけで終わってしまい、地球温暖化防止に寄与するような二酸化炭素吸収量の多い森林にはならないのだそうです。

樹齢40年くらいの樹木の切り株で年輪を見せていただきましたが、確かに若いうちは年輪の幅が広いのに近年はかなり詰まっているのが確認できました。

十分に管理された里山は、生物相が豊かになることが知られていますが、地球温暖化防止の観点からも人手が入る必要があるのですね。

また、今回は佐渡における里山の遷移の最近の変化や、チェーンソーの使い方も教えていただきました。
posted by ひつじ at 20:24| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

祝!トキのひな誕生!

DCF00230.jpg朱鷺交流会館の玄関前に掲げられた横断幕です。いつから用意してあったのでしょうか? ちょっと汚れが・・・

待ちに待ったヒナの誕生に、路線バスのフロントにも小さな横断幕が貼ってあってびっくりです。

島内挙げてのお祝いムードです。
posted by ひつじ at 21:33| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

佐渡の朱鷺パック牛乳

DCF00015.jpgDCF00005.jpg佐渡汽船の中にある自販機。
この朱鷺パック、なかなかに優れたデザインで、注ぎ口を開くとくちばしになって朱鷺の姿が完成する。

どうせなら、コーヒー牛乳のパックも黒朱鷺か生殖色の灰色がかったデザインにすれば良いと思うのだけど(そして100円にして値段を揃える)、そうしないところが佐渡島民というか新潟県民の奥ゆかしいところ。

佐渡の牛乳は、牛の体細胞などの不純物の混入が少なく、県が衛生面で一定水準をクリアしている農場を認定しているクリーンミルク農場にもほとんどの農場がなっています(もうちょっと残ってるけど)。

佐渡へお越しの際は、おいしい佐渡牛乳を味わっていただくとともに是非朱鷺パックを組み立ててみてください。
posted by ひつじ at 09:42| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

「人生はじけて」堀井修さん

DCF00318.jpgDCF00317.jpgDCF00287.jpg長年、農業改良普及員として、NHKふるさと通信員と活躍されてきた堀井修さんが、「人生はじけて」というタイトルの本を出版され、この度、出版記念パーティーが開催された。

発起人の一人、新潟大学名誉教授の伊藤忠雄先生によれば、本の内容の5割がNHKのふるさと通信員、2割が朝の随想のために書かれた原稿からのものだそうだ。

ふるさと通信員は、県内の各地域振興局単位に一人ずついるので、今も年間14人が活動しているが、堀井さんほど原稿を書いている人はいない。NHKも原稿が出てこなくて困ると、いつも快く原稿を書いてくれる堀井さんに直にお願いをしていたそうだ。それを20年も続けてきたのだから恐れ入る。

また、普通は地域イベントや行事の紹介になりがちな通信員原稿の中にあって、堀井さんの話題には人情がある。農家の人たちの思いや行動がつまっている。だから、本になるのだ。今、手元にある本は310ページだが、当初はこの倍くらいのページ数になったそうだ。


パーティーは約120人が出席。相変わらず、すごい人脈。これだけの出席者は予想していなかったそうで、会場はギュウギュウだった。一緒に娘さんが出席されていて、時々会場の様子をカメラに納めていたし、堀井さんと花束をもらって写真に撮られて。堀井さんには最高の日だったのじゃないかな。

「人生はじけて」本は800冊印刷してもう残りは少しだそう。はじけた後は、また芽を出して第三の人生を楽しむんだって本人は言ってたけど、親しい友人からは回りに迷惑をかけるなと、随分と辛いエールを贈られていました。

さて、手元にある「人生はじけて」。これからゆっくりと読ませていただきます。ありがとうございました。
posted by ひつじ at 20:08| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

活性にごり生酒2種

DCF00264.jpgDCF00273.jpg冬期限定で販売される活性にごり生酒。佐渡でも各酒蔵で作られている。無ろ過、滅菌していないので口当たりがピリピリする。最近種類が増えているようだ。昔、学生時代は朝日酒造のつぶ生が好きだったが今は作っていない。

真野鶴の活性にごりはカミサンが好きなのだが、あまり多く作っていないようで、1月の半ば頃に蔵元に行ったらまだできてないと言われ、2月の半ば頃に行ったらもう売り切れたと言われた。

今回紹介するのは、佐渡食の陣で売っていた民宿「植えた」のどぶろく活性にごりとにいがた酒の陣で売っていた「想天坊」の活性にごり酒。前者は瓶の6分目くらいまでしか入ってなくて栓もしっかり閉まっていない。破裂防止らしい。すごく濃厚でねっとりしたお酒だ。

一方の「想天坊」は長岡のお酒。プロ仕様と書いてある。何がプロかというと栓の開け方。わざと空気抜きの付いてない栓を使っており、少しずつエアを抜きながら開けるので、飲めるようになるまで10分はかかる。これはうまいやり方だ。活性にごり酒の吹きやすいという性質を逆手に取っている。プロと書いてうまく開けようという酒飲みのハートをくすぐり、焦らすことで飲んだときの感激が増す。あっという間に空いちゃったけど、また飲みたいぞ。
posted by ひつじ at 23:03| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡食の陣

DCF00261.jpgDCF00259.jpgDCF00260.jpg3月17〜20日にかけて真野のいぶき21で開催。最終日に行ってみた。佐渡島内の加工食品業者やお菓子屋、女性起業者、漁業者などがブースを出していた。

ただ時期的にも場所も中途半端。農産物はほとんどなにもない時期で、観光客を狙うには港から遠いし、ちょうど新潟で酒の陣を開催中なのに関連性も薄い。午前中にお邪魔したが、人の入り込みは今ひとつだった。

今回、地鶏ひげの薫製を販売するというので期待していたが、最初の2日間で売り切れになったそうだ。

それでも、知ってる人もおられてブース回りをしているうちに両手はいっぱいになった。島内で売ってるところを見つけられないsado kitchenのブイヤベースとフィッシュバーガーがあったのは良かった。民宿「植えた」のどぶろく活性生酒を入手できたのも良かった。いずれも美味しくいただきました。
posted by ひつじ at 22:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

北雪酒造羽豆社長のお話をお聞きしました!

DCF00243.jpg農業者と職場の有志で、佐渡の酒蔵「北雪酒造」の羽豆社長のお話をお聞きする機会がありました。

北雪酒造といえば、地元では辛口のお酒で有名。酵母の名を冠した「YK-35」や世界的に有名な日本食レストラン「Nobu」と提携し、そう名付けたお酒もあります。


レストラン「Nobu」で北雪が使われるようになったのは、元々はロック歌手の矢沢永吉がNobuの社長と北雪を酌み交わしたのが始まりとか。すっかり北雪を気に入ったNobuの社長が連絡してきたのだそうです。

Nobu自身はその後、ロバート・デニーロに気に入られて各国に店舗展開し、現在、世界に29店舗あるそうです。それとともに北雪も世界に拡大してきたとか。新店舗の開店には、必ず羽豆社長も出向いて樽酒の鏡割をやるのが恒例だそうです(世界の各地で随分危ない目にもあったそうです)。

Nobuとの契約に当たっては、他のお店には出さない約束でスタートしましたが、最近は「Nobu」と銘打った酒だけは海外展開することができるようになったそうです。

社長さんは、お話の後、懇親会にも参加していただきましたが、風貌からして大変印象的な方で、お酒の良さはもちろんですが、この方自身が北雪をより魅力的にした原動力になっているのだろうと思いました。

では、今宵も一献、ご馳走さまです。
posted by ひつじ at 19:48| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

生物多様性農業戦略講習会

DCF00241.jpg3月10日にトキ交流会館で開催。農業者や関係機関60人くらいが参加。

基調講演は生物多様性農業支援センターの原耕造理事長。また、生き物調査を農業に如何に活かすかといった話かと思ったら、ガットウルグアイラウンドからTPPに至る一連の農政の流れと、今、農業者が何をすべきかという深い話でした。個々の事象は知ってましたが、全体を通して聞くのは初めてだったので大変勉強になりました。だから生き物調査が大事なんですね。

この後のパネルディスカッションは山形と秋田の生産者、秋田、地元佐渡のJAからの発表があり、生き物調査をうまく経営に活かしている事例をお聞きすることができました。
posted by ひつじ at 08:50| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

卵の黄身

DCF00213.jpg二つ並んだ卵。割って器に入れられています。この二つ、よく見ると全く黄身の色が異なります。どちらが美味しく見えますか? やっぱり赤い方?

二つの黄身の色の違いは、食べさせた飼料の違いだそうです。色の赤みが強い方は、トウモロコシなどを主体としたもの、黄色い方はお米を食べさせているんだそうです(飼料米と言います)。トウモロコシは海外からの輸入、お米は国内で作られていますので、黄色い卵を食べることは、自給率が高まるということ。

この黄身の黄色い卵、豊栄で1個50円の売値で売っているそうです。色についてのクレームは一度も来たことがないとか。やっぱり味なんですね。

因みに生産されている方によれば、白身も弾力があって違うそうですよ。
posted by ひつじ at 11:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

朱鷺と暮らす郷づくり推進フォーラム

DCF00211.jpgDCF00212.jpg佐渡では、5割以上の減農薬減化学肥料と一つ以上の生きものを育む農法を取り入れて栽培されたお米を、市が朱鷺の米として認証している。生きものを育む農法とは、@冬に田んぼに水を張る冬期湛水、A田んぼを中干しした時に生きものが逃げ込める江(田んぼ内の水路)の設置、B田んぼと用排水路をつなぐ魚道の設置、C田んぼと隣接するビオトープの設置、これらのいずれか、もしくは複数の農法に取り組むこととしている。

その取組農家を対象としたフォーラムが2月19日に開催され、約180人が参加した。内容は、このところ問題となっている赤トンボの減少要因に関する大学の研究結果の報告。3つの分科会に分かれての意見交換などだった。

認証制度も4年を経過して様々な課題が見えてきたことから、分科会は、@生きもの調査、A認証米の販売、B生きものを育む農法、がテーマとして選定された。

ボクはAの販売の分科会に出席したが、認証米の販売を伸ばすには、もっと情報発信し、消費者の認知を高めることが必要と思われた。

今後もこうした取組を行って課題を明確にし、解決に向けた道筋をみんなで納得しながら進めていく必要があると感じた。
posted by ひつじ at 09:58| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

柿を使ったお菓子

DCF00155.jpgDCF00161.jpgDCF00176.jpgDCF00168.jpg佐渡では柿の栽培が盛んで、おけさ柿の商標で販売されている。柿の価格は市場原理によって左右され、流通量が少なければ高くなり、多ければ安くなる。

一方、加工品であれば、価格は自分で決められる。生柿での加工は難しいが、干してしまえば保存もきくし、加工しやすくなる。

先日、魚沼の温泉旅館で出された干し柿の間にバターを挟んだもの。干し柿とバターはよく合う。干し柿はレーズンの代わりに使える。

二つめも魚沼で見つけた。お土産屋さんに並んでいたもの。佐渡の柿が魚沼の里芋にお嫁入りしたと書いてある。買わなかったので、どんなものかはわからない。

最後は先日の秘密のケンミンショー。中津川市では長野県産市田柿の干し柿の中に栗きんとんをいれたお菓子を売っているのだそうだ。佐渡でも、干し柿の中に餡を入れたお菓子を売っており、たいへんおいしい。高いけど。

佐渡ではあんぽ柿や干し柿の製造は盛んだが、もう一歩、もう一工夫踏み込んで何かできると面白いのだが。
posted by ひつじ at 20:54| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

両津のうまいもんや

DCF00148.jpgDCF00147.jpg両津夷(えびす)の商店街の中にある直売所。
こぢんまりとした店内には、地場産の野菜・果物やおばちゃんたちが作る「サザエご飯のもと」などの加工品、花、民芸品などが並べられており、店番のおばちゃんが一人いる。

ここの驚くべきことは、その販売システムにある。何と!店番のおばちゃんのその日の手取りは、店の売上げの10%とのこと。稼ぎたい人は、売り切れが出ると「持ってきてくれ」と早速催促するのだそうだ。そりゃあ、商品の回転の良さにつながる。

でも、一番来店数が期待できる日曜日の取り合いにならないかというと、そこはのんびり店番したいという人もいて、うまく回っているのだそうだ。

佐渡で最も販売額があがっているとも噂される直売所。佐渡汽船から10分くらいのところなので、佐渡に来たら、是非、お立ち寄りください。
posted by ひつじ at 06:25| 新潟 | Comment(1) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

椀ショット!

DCF00146.jpgカップを置いて、レバーをカチンと下げると、1杯分の味噌が注ぎ込まれ、左側に置いてある容器からサッと具をひと振り。あとは熱いお湯を注いでかき混ぜると、味噌汁の出来上がり。

名前は「椀ショット」。マルコメ味噌が開発した、お手軽な味噌汁サーバーです。

写真のセットは、味噌1本と具が1種類付いて約4000円弱。職場で手軽に味噌汁が飲める。今年ブレイクする商品の一つとして注目されている。

この商品のすごいと思うところは、味噌汁をコーヒー感覚で飲めるようにしたところ。今でさえ、お手軽なカップ味噌汁は多種出回っているが、サーバーとして常時置いておくことにより、昼食などの食事の時でなくとも飲めるようにした。外回りしてきた午後など、しょっぱい飲み物のほうが良かったりする。

古くからあるものでも、新しい使い方ができるようにするだけで、需要がグンッと伸びる可能性がある。要は固定観念にとらわれず、発想の転換が大事ということだ。
posted by ひつじ at 16:50| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

今年も始まりました

DCF00117.jpg新春、初市、初競り。

今年も宝船がこぎ出しました。
でも、もっと地場産を乗せてほしいーって、生産が先か?
posted by ひつじ at 18:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。