2012年11月03日

新嘗祭(にいなめさい)献穀

DCF00647.jpg新嘗祭は、勤労感謝の日に、天皇がその年に収穫された五穀を天照の神様に捧げる収穫祭的な意味合いのある祭礼だそうです。

五穀はそれぞれ各県の農家が端正込めて栽培したものを事前に天皇に献穀します。

新潟県では、毎年精米と精粟を献穀するのですが、今年の精米は佐渡市の佐々木邦基さんが担当しました。

佐々木さんは、お若いながら、トキの野生復帰のための水稲栽培における生き物を育む農法に取り組んでこられた主要メンバーのお一人です。無農薬や減農薬で栽培した酒米でのお酒造りや、子どもたちの環境教育にも携わっておられます。

そんなこれからの佐渡を牽引する人物が、正にトキのヒナが誕生し、巣立ったその年に献穀に選ばれるなんて運命的です。

佐渡でのトキの定着に向けて、これからも頑張ってください、佐々木さん。(写真は職場にいただいた皇居のお土産)
posted by ひつじ at 14:58| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

ルレクチエの収穫が始まりました。

DCF00595.jpgDCF00600.jpg羽茂農協管内の農家さんでは、20日から収穫が始まっています。始まったと言っても、ル レクチエの場合は一気にもぎ込むのであっという間に終わってしまいます。

ル レクチエはここからが大変。約40日間の追熟という処理を経て、果実の色がグリーンからブライトイエローに変わり、あの上品で香り高い果実になります。

お邪魔した農家では収穫後の重量選別をやっていました。大きさごとに分けて追熟庫に入れます。

毎年11月下旬頃から出荷が始まりますが、夏が暑い年は収穫時期が遅れる上に追熟期間も長くかかるという性質があり、何でそうなるのか、まだまだ謎の多い果実です。

皆さまのお手元に届くまで、もうしばらくお待ちください。
posted by ひつじ at 06:04| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小木美私

DCF00558.jpgDCF00560.jpgビオレー・ソリエスという名前の黒いイチジクです。栽培が難しくて、国内の産地はほとんどありません。

小粒で皮が薄くて糖度が高い、美味しい品種です。小粒なため収量が上がりません。

佐渡では、小木地区の篤農家が生産しており、首都圏主体に出荷されています。島内のAコープでは4〜5個で600円前後の価格で販売されています。

標題の名称は小木イチジク生産組合で使用しているビオレーの商品名です。「俺」とせず「私」と当てたのは女性の皆さんを意識してのことでしょうか。

9月から始まって10月いっぱい出荷されています。
posted by ひつじ at 05:46| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

元気な女子大生がやってきた!

DCF00046.jpg先週、東京の女子大生が佐渡にやってきました。目的は農業体験。それも農家の生活ぶりを体験したいとのこと。

あちこちツテを探して、旧畑野町の山間にある農家にお願いしました。ここは水稲と柿を栽培していますが、時期的に水稲は刈り取り前、柿も最後の摘果がほぼ終わり、ちょっと仕事のない時期だったようです。それでも、食品加工(佐渡ならではのいごねりとか)や地域のお祭りの準備、田んぼのヒエ抜き、などなど体験させていただきました。

これまで企業的な農業は見てきたそうですが、中山間地の零細な農業は初めてだったそうです。日本全国でみると、中山間地の農業の方が多いんじゃないかな。体験で何か得るものがあったでしょうか?

体験期間中、あちこちから嫁に来い、と言われたそうで、これをかわす術はうまくなったとか。体験抜きでも、また佐渡に来てくださいね。
posted by ひつじ at 20:29| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

米トモ!夏の陣

DCF00085.jpgDCF00088.jpgDCF00111.jpgDCF00112.jpg夏の陣が25日に開催された。でも、作業したのはサツマイモの草取り。


肝心のお米の方は、ようやく満開といった状況で、かなりの晩生種。この品種「大正もち」は昔作られていたが、収量の低さなどから一旦作られなくなった品種。もちの伸びが良く、地元のだんご屋さんと契約栽培しているそうで、後で、江口だんごの専務さんのお話もお聞きしてきた。

昔ぼたもちということで、一切れいただきましたが、たいへん美味しゅうございました。江口だんごさん、ありがとうございました。
posted by ひつじ at 17:56| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小倉千枚田

DCF00056.jpgDCF00058.jpg8月20日。まだ若い稲穂が風になびいていた。
posted by ひつじ at 17:46| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩首の棚田

DCF00064.jpgDCF00067.jpgDCF00069.jpg佐渡は昨年、世界農業遺産に認定され、ここ岩首の棚田はそのことをアピールするポスターによく使われており、佐渡の代表的な棚田の風景の一つと言われている。


先日、その棚田を実際に見る機会があったので写真を撮ってきたが、本当に素晴らしい棚田だ。

最近、観光協会がチラシやポスターを作ったり、入り口に看板を立てたため、観光客が車でスーッと入ってくるそうだ。人が来てくれるのは良いことだが、ごみ捨て場にならないよう気を付けたいところだし、維持のために観光客がお金を落とす仕組みも欲しいところ。
posted by ひつじ at 17:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アグリノート

DCF00140.jpgDCF00146.jpgDCF00147.jpgDCF00148.jpgDCF00150.jpgDCF00151.jpg今朝のNHKニュース。

新潟発のベンチャー企業が立ち上げたITによる農業支援システム。Google mapを使ってほ場1枚ごとに記録が残せることから、そのほ場の特徴をきっちり押さえることができ、複数人での管理や技術の継承に活用できるのではないかと期待されている。

さすがにNHK。ソフト名も出してなかった。
posted by ひつじ at 16:07| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

むなしい幟

DCF00334.jpg長岡の某地区。幟に書いてある文字が空しい。
posted by ひつじ at 19:55| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二回生物の多様性を育む農業国際会議

DCF00187.jpgDCF00197.jpgDCF00200.jpg7月16日から18日の3日間、両津やまきホテルと島内の田んぼなどで開催された。

参加者は約440人、韓国から約35人、中国から約15人の参加を含め、島外からは約250人が参加したそうだ。

現地調査及び分科会は、@生きもの調査、A生きものを育む技術、B生きものを活用した地域社会づくりの3つに分かれて、各有識者からの報告や検討が行われた。

17日夜の交流会は、地元の芸能が披露され、大いに盛り上がった。

ただ、地元参加者が限られたなかで、地元には何が残ったのか、今後、検証が必要であろう。
posted by ひつじ at 19:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。